2016年8月23日

パリもあと一週間.日本に帰るのは寂しいような楽しみなような.ラストスパートかけて贅沢しているので,おなかのお肉が心配です.

2016年8月22日

オリンピックが終わった.閉会式を見てしまって寝不足.日本人がメダルとりまくっていて,日本がわいていたらしい.お祭りに参加できていない感じがしてちょっと残念.その代わりフランスでテレビは見ていた.放送の仕方がちと違う.といっても言語がわからないので映像だけからだが.

とにかくフランス人が出ていれば放送しようする.ある種目をうつしていても,まだ終わっていないのに別の種目をうつすことがある.酷い時には,種目A→種目B(フランス人の出番)→フランス人の出番が終わったら種目Cに移る,なんてことも…….もちろんフランス人が出ていなくても有力選手とか決勝戦とかはうつすけど.

昨晩は「負け特集」(たぶん)をしていた.悲しそうな音楽と,泣き崩れる選手が次々を映し出される.他の時にもやっていたので,割とあるんだろう.最初みた時はよっぽどメダルをとっていなくてうつすのがないんだろうかと心配してしまった.(ちなみにフランスのメダル獲得数は42個と日本より多い.)

2016年8月21日

昨日,今日とルーブル美術館に行ってきた.年パス(25日まで)を使おうと.遅い時間帯に行ったせいか,入り口は混んでいなかった.仮に混んでいても年パスを持っていると優先的に入れるので関係ないんだけど.

中国人が多い.ツアーで来ている人が多いのだが,個人で回っている人も見る.欧米人よりも中国人の方が多いんじゃないだろうか.日本人もたまに見るけど,そこまでじゃない.お盆終わったしな.

ぶらぶら回っていたら,図形の描いてある本を見ている人の像があった.デカルトらしい.

2016年8月20日

ネットの接続が悪いのは,根本的にはもうルータがぶっこわれているんだと思うんだけど,挙動が熱暴走っぽい気もしたので,扇風機で風をあててみた.ギャグのつもりだったのが効果てきめん……ただ,速度はやたら遅いけど.

2016年8月19日

吉田沙保里の決勝戦はみたかったんだけど,始まるちょっと前にテレビがうつらなくなって,決勝戦が終わった後にまた映った.なにそのいじわる…….

というわけで勢いに任せてアウトプット枠への直接出力を書いてみた.エラー/成功通知がoutput指定のみの場合に限りこれを使う.インストール直後のデフォルトで現れる「Latexmkでファイルを監視」はこの設定になるようにした.(ちなみに一昨日までのはLatexmkの設定自身にtypoがあった…….)エラーが発生するとこんな通知が突如現れる.成功すれば消える.

下の「アウトプット」とあるところが通知.まぁ通知自身は今までもあったんですが,非常に不安定で実質使えないくらいだったのがよくなっているはず.「アウトプット」のエラーのところをクリックか何かすると該当箇所にカーソルが移動するはず.

2016年8月18日

昨日だけど,IKEAに行ってきた.今調べてみたらParisなんとかっていう店舗がたくさんある……どれにいったのかわからないけど,とりあえずBastilleから無料シャトルバスが出ているところ.小さいバスだと思ったら観光バスサイズで,しかもほぼ満席だった.店舗にもたくさん人がいるし,みんなIKEA大好きのようだ.

Bastilleまでの道のりが交通規制.なんだろうと思ったら映画か何かの撮影をしていた.行きは準備中で,帰りにちょうど撮影中.見た感じ20世紀前半くらいが舞台だろうか.パリの町並みの様子はそのまま使える(100年ほど殆ど変わっていないし)のだけど,さすがにバス停はモダン過ぎるらしく,はりぼてで隠されていた.

今朝は近くの市場に行ってきたが,もう完全に壊滅状態.八百屋が二店ほど出ていた以外は,食料品を売っているところはなかった.去年ここまで壊滅していたかなぁと悩んだのだが,よく考えたらこの時期はパリにいなかったのだった.

2016年8月17日

こんなん困ったことないでしょうか?例えばpdftexで作業中.今編集中のファイルは全5ページ.もちろんSumatraPDFで開いているのは最終ページの5ページ目.ここで入力をミスってコンパイルエラー.早速ソースを編集し直して,エラーを修正し再度コンパイル&プレビュー.……あれ,5ページ目を開いていたはずなのに4ページ目になっているぞ.

つまり,エラーが発生した時に生成されたPDFが途中までになっていて,それが全4ページ.今まで開いていた5ページ目がなくなってしまって,仕方なく4ページ目に移動,その後復帰されずというわけなんですが.TeXからの出力先を一旦変更しておいて,コンパイルが成功したときに限りコピーすればいいかなと思ったんだけど,うまく行かず..dviや.pdfの出力先だけを変更することはできないみたい.

というわけで,SumatraPDFで開く際のマクロ側で「一時ファイルに保存してそっちを開く」ようにしてみた.つまり,C:\dir\test.texで作業していた場合にtest.pdfができるのだが,これを%TMPDIR%\test.pdfにコピーして,SumatraPDFが開くのはこっち,という形.

それもこめて開発版更新.補完マクロを書き直しました.まだごちゃごちゃしているけど,だいぶましになったと思う.カラーマーカーをやめたので速度が戻りました(たぶん).手元の環境だと普通の入力が取りこぼされてイライラしていたので.メモリ内で殆ど処理するようにした分,前のバージョンからもスピードあがってるんじゃないかなー(たぶん).

併せて自動起動マクロに登録する用のsub\autoexec\edit.macも更新.といっても前回どうしていたか忘れた…….とりあえず\(アルファベット)の組み合わせでコントロールシークエンス用の辞書を食わせて単語補完を起動,単語補完終了時に通常の補完マクロを起動するようにしている.単語補完起動時にコントロールシークエンスの開始位置を保存しているので,補完マクロの解析がその分速いはず.